白内障・手術について

白内障は白く濁る・視力低下する

大阪市鶴見区で白内障手術なら松山眼科医院へ

白内障とは、眼内の前方にある水晶体が白く濁ることで、視力が低下したり、ものが見えにくくなったりする病気です。
水晶体はカメラで言うところのレンズの役割を担っているため、これが白く濁ってしまうとそれを通してものを見ることになり、目のかすみ、ぼやけ、ものが二重に見える、光が眩しいなどの症状が現れることになります。
主な原因は加齢で、点眼薬による治療で十分な効果が得られず、症状により普段の生活に困るようになってきた場合には、手術を検討します。

このような症状や見え方にお困りではありませんか?

白内障の方の見え方~初期は自覚症状がない~

初期は自覚症状がない

初期の白内障では自覚症状が現れないことが多いです。
特に加齢が原因の加齢性白内障では、水晶体の白濁が徐々に拡大していくため、見え方の異常に気づけないこともよくあります。
そのため、上記で挙げたような症状がある場合、すでに白内障が進行している可能性が高いと言えます。

白内障が進行した場合の見え方

白内障が進行すると、視力が徐々に失われ、普段の生活に支障をきたし生活の質が著しく低下します。また、手術を受けようとした際に、手術がやりにくくなる場合もあります。進行した白内障では、緑内障発作と呼ばれる急激な緑内障が起きることがあります。この緑内障発作は、視力が1.0位あったとしても発症する場合があります。

白内障の原因

白内障はさまざまな原因によって起こります。

白内障の種類

加齢性白内障(老人性白内障)

加齢が原因で起こる白内障で、長期にわたる紫外線のダメージや、水晶体のタンパク質の変性などにより水晶体が白く濁ります。
ご高齢の方で発症するイメージがありますが、早い方だと40代から発症することがあります。

糖尿病白内障

糖尿病白内障の原因ははっきりわかっていませんが、高血糖状態が続いて水晶体に糖が溜まることで起こるとされています。
糖尿病白内障には水晶体の後部から白濁していくという特徴があり、比較的初期のうちから視覚障害などの症状が現れやすいとされています。

アトピー性白内障

原因は明らかになっていませんが、アトピー性皮膚炎の方にみられる白内障です。
免疫異常や、かゆみに対する掻く・擦るなどの刺激が原因ではないかと考えられています。

若年性白内障

20~30代といった若い世代にみられる白内障で、先天的な要因、外傷、アトピー、糖尿病など様々な原因で起こります。
加齢性白内障(老人性白内障)と比べて症状の進行が早いとされています。

外傷性白内障

スポーツ時の衝突や交通事故の衝撃などにより、目に外傷を負って水晶体がダメージを受けることで起こる白内障です。
外傷の度合いにもよりますが、外傷性白内障では症状の進行が早いことが多いため、早期に手術が必要になるケースが多いです。
ただし、反対に外傷を負ってから数年たって症状が現れるケースもあります。

先天性白内障

先天的要因(遺伝的要因)により、生まれた時から水晶体が濁っているために起こる白内障です。
母親が妊娠中に発症した風疹に、胎内で感染することが主な原因とされています。

後発白内障

白内障の手術を行った後、水晶体嚢が水晶体上皮細胞の増殖により濁って、視力低下などの症状を引き起こす場合があります。
これを後発白内障と言い、濁りをレーザーで取り除くことで治療可能です。

その他

その他、放射線やステロイド剤の副作用、ぶどう膜炎、網膜剥離、網膜変性症、緑内障などの疾患が原因で白内障が起こる場合があります。

白内障の検査

視力検査

裸眼視力のほか、眼鏡で矯正した際の視力(矯正視力)を測定します。
矯正視力が低下している場合、白内障の可能性が高くなります。

屈折検査

遠視・近視・乱視など屈折異常の程度を確認する屈折検査を行います。どの位置に眼内レンズのピントを合わせるのかの指標となります。

細隙灯顕微鏡検査

白内障の診断に欠かせない検査で、目に細い光の束を斜め方向から照射して、水晶体核の硬さ、大きさ、瞳孔径などの状態を詳しく確認します。

眼底検査

眼底に術後視力に影響する網膜疾患や視神経異常などを観察します。成熟白内障や過熟白内障と呼ばれる混濁の非常に強い白内障では、眼底が透見することができないため、超音波エコー検査や網膜電図検査などで、眼底に網膜剥離などの眼底疾患がないかを確認します。

角膜内皮細胞顕微鏡検査

角膜内皮は角膜の透明性の維持に役立っており、再生機能を持ちません。手術により内皮細胞が減少すると透明性を保てなくなり、角膜に混濁が生じることがあります。手術前に角膜内皮細胞密度が低下している場合は、手術後に水疱性角膜症を生じるリスクが高く、慎重に手術適応を考える必要があります。

角膜形状解析

目の表面の角膜の形を精密に測定します。眼軸長測定検査とともに、適した眼内レンズの度数選択に重要な検査です。

眼軸長測定検査

眼軸長(角膜から網膜までの長さ)を測定し、測定結果に応じて白内障の手術で使用する眼内レンズを選定します。

光干渉断層計(OCT)検査

白内障以外の病気が原因で症状が現れていない確認するために、網膜の状態を詳しく調べます。

白内障の治療

白内障の治療では、薬物療法と手術療法があります。
白内障が軽度で自覚症状がない場合は薬物療法を行います。
しかし、薬物療法は進行を遅らせる可能性はありますが、症状の改善や進行の停止はできません。
白内障の症状が進行して日常生活に支障を来すようになったら、手術療法が必要になります。

点眼薬

初期の白内障で日常生活に支障がない程度であれば、点眼液による治療を行います。ピレノキシン製剤・グルタチオン製剤を使った点眼治療により、白内障の症状を抑制します。
ただし、点眼液は水晶体が濁る速度を遅らせることが目的で、症状を改善させたり、視力を回復させたりすることはできません。長い間点眼液を使い続けていても、少しずつですが白内障は進行し視力は低下していきます。

サプリメント

ルテインの抗酸化作用は加齢黄斑変性の予防に有効とされていますが、海外の疫学調査では、白内障の進行予防効果も多く報告されています。その他にマルチビタミンミネラルや、抗酸化作用のあるアスタキサンチンやゼアキサンチンなどのサプリメントの摂取により、白内障の発症や進行を抑制できる可能性があります。

手術

白内障の症状により、生活やお仕事に支障を来すようになった場合、手術適応となります。
混濁した水晶体を超音波で砕いて除去した後、水晶体の代わりになる眼内レンズを挿入します。
手術を受けることで視力の回復が期待できるようになります。

大阪市鶴見区の松山眼科医院は白内障の治療。手術を行っております。
白内障の手術を受けないとどうなるのか

白内障が進行すると手術が難しくなることや、年齢とともに手術の合併症などのリスクが高くなることから、日常生活に不便を感じているにもかかわらず、むやみに手術を先延ばしにするのはあまりよいことではありません。また、先延ばしにしすぎると、ぶどう膜炎や緑内障をひき起こしたり、手術の際の眼内レンズの度数合わせが不正確になったりすることがあります。

レーザー白内障手術

近年ではフェムトセカンドレーザーを用いたレーザー白内障手術も認可されています。
正確な切開創や前嚢切開、水晶体の細分化を行うことができ、超音波破壊装置の使用を最小限に抑えることができます。乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズを挿入する場合のほかにも、進行した白内障、角膜内皮細胞減少やチン小帯脆弱などの難症例にも有用とされています。

眼内レンズについて

白内障の手術では、白く濁った水晶体を除去した後、水晶体嚢に眼内レンズを挿入することで見え方の改善をはかります。
手術で使用する眼内レンズは大きく単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズに分けられます。

単焦点眼内レンズ

白内障手術(単焦点眼内レンズ)ピントが遠距離または近距離のいずれか1点に合うレンズです。
遠距離と近距離のどちらにピントを合わせるか選ぶことができ、よくお車を運転される方は遠方に、手元の細かい作業や読書をされる方は近方というように、普段の生活状況やお仕事の内容、患者様のご希望などに応じてピントを合わせる位置を選択します。
単焦点眼内レンズは保険適用となります。

多焦点眼内レンズ

白内障手術(多焦点眼内レンズ)遠距離と近距離の2点、または遠距離、中距離、近距離の3点にピントが合うレンズです。
ピントが合う距離が複数あることで、眼鏡への依存度を下げられる可能性が高くなります。
多焦点眼内レンズは選定療養または自由診療となります。

多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違い
単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ
焦点 1点のみ 2点・3点
眼鏡の装用 ピントを合わせた箇所以外のものを見る場合には、眼鏡の装用が必要になる 眼鏡への依存度を下げられる可能性が高くなる
ピント 遠距離または近距離のいずれか1点にピントが合う 遠距離と近距離の2点、または遠距離、中距離、近距離の3点にピントが合う

多焦点眼内レンズの種類(選定療養)

選定療養とは、追加費用をご負担いただくことで、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術が受けられる制度です。白内障手術の部分は保険適用で対応し、多焦点眼内レンズを選択することで発生する自費分を全額ご負担いただく形となります。
これまでよりも少ない負担で、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を受けていただくことができます。

回折型

レンズにのこぎり状の段差を持つ溝があり、これにより回折現象を起こして光を遠方と近方に分けます。
屈折型と違い、瞳孔の大きさに影響されず、遠方と近方にピントが合うように設計されています。

屈折型

同心円状に遠方・中間・近方とそれぞれのゾーンに分かれていて、入射した光がそれぞれにピントが合うように設計されています。
回折型と比べて良好なコントラストが得られますが、瞳孔が小さい場合(ご高齢の方など)は遠方用レンズしか通過しないため、近方には焦点が合いにくいことがあります。その場合には、近方を見る眼鏡の装用が必要になることがあります。

白内障手術の費用

白内障手術の費用は大きく3つに分けられます。1つ目は保険診療での手術となります。2つ目はレンズの差額代を選定療養費として患者さんに負担していただく手術、3つ目は保険診療を行わず、完全に自由診療(自費診療)で手術費や術前後の診察代も含んで、病院ごとに設定されるものがあります。

保険診療での手術

単焦点眼内レンズを使用する保険診療手術となります。
入院での白内障手術費用は、1割負担の方で片目約3万円、3割負担の方で約9万円となります。
生命保険に加入している場合は、手術給付金・入院給付金の支払いを受けることができる場合があります。詳しくは、ご契約の生命保険会社にご確認ください。

高額医療制度について

高額療養費制度という公的医療保険制度があり、医療機関でひと月の自己負担額が限度額を超えると、超えた金額が後日還付される制度があります。白内障に限らず、すべての医療費においてこの制度により、医療費が高額になった場合に還付を受けられます。上限額は年齢や所得額によって異なりますので、健康保険組合、協会けんぽ、または市町村など、加入している健康保険にご確認ください。

選定療養費対象の手焦点眼内レンズを使用した場合

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、2020年3月に先進医療から外れ、選定療養対象となりました。
選定療養の基準を満たした眼内レンズに関しては、レンズの差額に相当する部分を自費で負担し、それ以外の部分を保険診療手術として保険料率に応じて費用負担します。選定療養費は病院ごとに異なり、2焦点レンズやEDOFレンズは20万円程度、3焦点レンズでは20万円台後半で設定されていることが多いようです。

自由診療

自由診療は手術費や手術前後の診察代も健康保険を利用できないため、その費用を含んで病院ごとに設定されています。自由診療の費用はさまざまで、数十万円から50万円を大幅に超える費用設定もあります。

多焦点眼内レンズは医療費控除の対象

医療費控除とは、1年間(1月1日から12月31日)にご本人とその家族が10万円の医療費を支払った場合(※総所得が200万円未満の場合は、その5%)翌年に確定申告することで税金の減額・還付金が受けられる制度です。
多焦点眼内レンズは医療費控除の対象となります。

単焦点眼内レンズ 多焦点レンズ
国の医療費控除
国の高額療養費 ×
保険会社の手術給付金

当院での白内障手術

大阪市鶴見区の松山眼科医院での白内障手術の流れをご紹介します。
入院・手術に際しては連携する済生会野江病院をご紹介しますが、それ以外の病院をご紹介することも可能です。
ご希望の病院がある方はお気軽にお申し出ください。

手術前後の流れ

1松山眼科医院で受診

松山眼科医院へご来院いただき、検査・診察を受けてください。
大阪市鶴見区の松山眼科医院は大阪メトロ今福鶴見駅から徒歩1分の場所にございます。

2医師による診察・診断・ご説明

診察を行って白内障の手術が適応と判断した場合には、済生会野江病院の当院副院長(松山 真弘)をご紹介します。
済生会野江病院以外をご紹介することも可能です。

3済生会野江病院へ受診

済生会野江病院にて当院副院長の診察を受けてください。
診察後、手術内容について詳しくご説明いたします。
手術を受けることに同意していただきましたら、ご相談の上、手術日を決定します。

4手術前検査・手術のご説明

済生会野江病院で採血や心電図、胸部レントゲンなどの術前検査を受けていただいた後、手術説明会を受けてください。
手術当日のスケジュールや術後の注意点などについて詳しくご説明いたします。
ご本人だけでなく、ご家族も一緒に説明会へお越しいただけます。

5手術当日(入院・手術)

お伝えした手術日当日に入院して、白内障手術を受けていただきます。
通常、手術翌日または2日後の退院となります。

6手術後の検診

術後、目の状態が安定するまで定期検診に通っていただきます。
受診先は済生会野江病院ではなく松山眼科医院となります。

白内障手術の注意点

手術当日

手術が終わったらゆっくりお休みいただき、術後の検診や日常生活の注意点などについてご説明いたします。

手術翌日

早ければ手術翌日の退院となります。
術後のトラブルを予防するために、目を擦ったりしないようにしましょう。

日常の生活で気を付ける事

白内障手術では術後の感染症に注意しなければいけません。
特に術後3日間は注意が必要ですので、水などが目に入らないように気をつけて生活してください。
眼球で細菌感染が起こると痛みや充血だけでなく、視力の低下にも繋がります。

入浴

白内障手術後の注意1首から下の入浴は手術翌日から可能ですが、顔に水がかからないように注意してください。
洗顔・洗髪は医師からの許可がでるまでお控えください。

メイク

白内障手術後の注意2メイクは医師からの許可がでるまでお控えください。

テレビ鑑賞・読書

白内障手術後の注意3目が疲れない程度であれば、手術当日からテレビを観たり、本を読んだりしていただけます。

TOPへ戻る